施設へ直接言いにくいことを、市の相談員へ相談できる取組を開始

サービスを利用していて、疑問に思うことや改善してほしいことがあっても、施設やスタッフに直接苦情や相談をしにくいこともあるかと思います。

そこで、第三者に気軽に相談ができるように、泉南市の長寿社会推進課と連携し、「泉南市ほっと介護相談員」に訪問していただく取り組みを開始いたします。

 

相談員はボランティアで活動していますが、介護相談員の専門的な研修を修了し、泉南市が「ほっと介護相談員」として委嘱しています。

相談員は月に2回程度の訪問を予定しています。

入居者の皆様のお話を聞いたり、行事に一緒に参加しながら相談を受けたりします。

 

もちろん当社スタッフに遠慮なくどんな事でもお気軽に相談していただければ嬉しいですが、このような取り組みを実施することで、より一層、入居者様やご家族様にご安心いただけますと幸いです。